ぽぽたんブログ

武蔵豊島氏(石神井城・練馬城)

武蔵豊島氏(石神井城・練馬城)

横糸-1「室町初期・上杉氏の事(観応の擾乱と武蔵野合戦)」

こちらを書いてる合間に、自サイトも更新してます(^_^;)。当分、そちらの作業が続くのと、そろそろ確定申告に向けて本業も加熱するので、こちらは間が空く事が増えると思います。さて前回は、ちょうど「観応の擾乱」に入った所までだった φ(。。)m今回は、初…

縦糸-6「南北朝期・鎌倉幕府は無くならない」

猛烈に多忙モードに入ってしまい、間が空いてるっ(>▽<)。。。今回も流れ的には、時代に沿って行くが、話の内容的にはジワジワ「横糸」に入って行きたい。豊島氏は、戦国期の初頭に江古田沼袋の乱で太田道灌に敗れ、城攻めにおいても敗れて落城し、行方がわか…

縦糸-5「鎌倉末~南北朝期・新田義貞の鎌倉攻略」

今回は、鎌倉時代から南北朝時代まで行きたい(`・ω・)=3豊島朝経の子の時光は、禁を破って土地を賭けた博打をし、幕府からとがめを受け、仁治2年(1241年)に所領の豊島郡犬喰名を没収されたようである。この「時光」は系譜に見えないようだが、別名同人か庶子…

縦糸-4「鎌倉期・武蔵秩父流の悲劇」

今ごろの夏休みで、しばしお休みモードで過ごした(^_^A)。GoToトラベルにイートに商店街だの、経済政策が取られてるが、どうもこのコロナ禍で、仕事でもないのに県外を超えての移動……というのに違和感を覚えて、県内ドライブに留めてしまったが(^_^;)。。さ…

縦糸-3「平安末~鎌倉朝・豊島氏の発祥と秩父平氏」

前回は、治承の乱(源平合戦)スタート時の、頼朝の伊豆挙兵で終わった。今回は鎌倉時代より先の話をする(`・ω・)まず最近、「鎌倉時代」の開始時期というのが諸説ありすぎて(^_^;)、昔みたいに「いい国作ろう鎌倉幕府(1192年)」と覚えればいいわけじゃない…

縦糸-2「平安期・良文流と東国の大乱」

今後は逆に、一気に平安期に戻り、豊島氏発祥より前の時代に行く。桓武天皇-葛原親王┬高棟……平時子(平清盛妻) └高見王-高望王┬国香┬貞盛-(北条・伊勢平氏・伊勢=後北条) | └繁盛-(城・岩城・大掾) ├良兼 ├良将-将門 ├良文-忠頼┬将常┬武基(秩…

縦糸-1「江戸期の豊島氏」

前回からの繋がりから、江戸時代の豊島氏を先に書こうかと思う。ただ、前回も書いた通り、残念ながら、どれも石神井や練馬の「豊島泰経」との繋がりが不明である。石神井や練馬の「豊島泰経」には繋がらなくても、そもそも豊島氏は平安期から続く家系で、「…

「豊島氏」を際立たせる「縦糸」と「横糸」

本題前の前振りを、パパパと済ませたので、後はノンビリ行かせて貰おうかと思います(^^ゞ。じゃ、そろそろ本題に入りますよ(^o^)<まずは準備体操~♪豊島氏については、横糸と縦糸の両方から迫るのが良いと思う。その理由は、豊島氏本体だけで語るには、あま…

推薦(だぼださんのブログ)

次に、ブログ立ち上げに踏み切った過程の一つに、既に上手に「練馬城」について紹介するブログを見つけた事がある。正直、練馬城について言及してる人を、この問題に関わってる人たちの間に見た事が無い(^_^;)。勿論、歴史関係のサイトやブログなら、他にも…

あらためて、「動機」

最初の「自己紹介」で、この「動機」を「次に書く」と言ったんだが、今回まで繰り延べて来てしまった(^_^;)。流れ的に、ニュースを知った時の発言(ツイート)を先に出した方が、スグこのブログの趣旨に入って貰いやすい気がして、「前提1、2」を先に廻し…

前提、2

前振りの2回目。あと2回やったら本題に入ろうかと。ちなみに連載の全体は、最初の自己紹介を合わせて、だいたい12回ぐらいで終われるんじゃないかと(^^ゞあと、ツイッターでは、折々の呟きでも、このテーマに関連する事を書いている。が、ここで全部出すと…

前提、1

では、いよいよ始まり(^。^)ノ本題の前に、都合4回程度、「前振り」を入れさせて貰いますー(^^ゞ 「としまえん」閉園に絡んで、名残りを惜しむ人々の間から、現状と今後についての署名運動が起きている。 署名運動は、都に対して「ハッキリして欲しい」という…

はじめに(自己紹介な(^^ゞ)

ツイッターで「ぽぽたん」(sorihat)と言ってる奴です(^^ゞ twitter.com この「はてなブログ」でも、「popotan」でアカ取りたかったんですけど、先着アリによって、「ぽたたん」で行こうかと思ったら、それも取られてて(;_;)、母音を一個取り換えたら、…